つい数日前に完成間近!と記事(⇒)にした我が家の外構。
ここへ来てまさかのミスが発覚し、大幅にやり直すことになりました。

道路から玄関までのアプローチのステップを、
かなりの時間かけて職人さんが丁寧に作ってくれていましたが・・・。

 外構ステップタイル1

 外構ステップタイル2

このせっかく作ってくれたステップを、8割がた解体してやり直すのです。

なぜかと言いますと。

このステップの右側にあるこのスロープ。

 外構ステップ花壇

このスロープを上がったところに1台分の駐車スペースを作る予定でした。
なので、このスロープは車が通るわけです。
それを当然考慮して、スロープの幅は280センチで計画していました。

日々外構工事が進んでいくのを見て、夫が、
「ここの幅、結構狭いよね・・・」と何度かつぶやいていたのですが、
ちゃんと車が通れる幅で計画したはずだから、
そういうふうに見えるだけで大丈夫でしょ!!と楽観的に考えていました。

でも、ここにコンクリート流し込む予定日の2日前の夜。
ハイムのエクステリア担当さんから電話があって告げられました。

「スロープの幅が計画より狭い235センチとなってしまっています・・・」

・・・。

235センチ!?


 外構スロープ幅

図面では280センチになっていたはずなのに、
なんで違う幅で工事が進んでいるのか!?


と言いますと、ひとえにハイムの現場監督さんの指示ミスだそうです・・・。

スロープ横のステップを作る基準点を外構業者さんに指示する際に、
図面通りの位置ではなく、
解体工事後も残っていた既存の擁壁ブロックの端から
という指示を出してしまったそうな。

なので、責任の所在は100%ハイムなんですが・・・。
でも、誰かが注意していればもっと早く発覚できたはずの単純なミスなのに、
正確な図面を持っていたはずの外構業者さんも気付かず、
なんだか狭いな~と感じていた私たちも測ってみることもなく、
ズルズルと工事が終盤まで来てしまったのです・・・。

私、車を運転しないので、幅を言われてもピンと来ないんですが、
当初計画から50センチ近く狭いってことは相当に狭いんでしょうね。

車の幅って一般的には170センチ前後ってとこでしょうか。
このスロープは車が通過するだけで、人が乗り降りするわけではないので、
最初聞かされた時は、多少狭くても大丈夫かも・・・という思いはありました。
でも、実際車を寄せてみたところ、道路からバックでここに車を入れていくので、
やっぱり狭すぎて左側のステップに車輪が乗り上げちゃいかねない厳しい感じでした。
車を出し入れするのは毎日のことなので、
こりゃ相当なストレスになりそうだな・・・という印象。

せっかくここまで作ってもらったし、
やり直すとなったらまた工期が延びるし、
(外構業者さんも混み混みでまたスケジュールを組み直すのが大変だそう)
いつまでも外構が完成しないのは不便極まりないので、
私たち自身もやり直さずに済むならそのまま・・・と思ったんですが、
やっぱりこの先何十年も車の出し入れで不便を感じたくない!!

ということで、心苦しくはありますが、
計画通りの幅にやり直してもらうことになりました。
せめてコンクリートで固めてしまう前に気付いたのが不幸中の幸いでしょうか・・・。
ちなみに、やり直しの費用は全てハイム持ちです・・・。

これから解体業者を手配して、外構業者さんのスケジュール組んで、
と全て再調整するので、一体完成するのはいつになることやら??
ふりだしに戻るとまではいかないですが、3歩進んで2歩戻るってとこですね。
いろいろうまくいかない我が家の外構なのでした。

それはさておき、あと数時間で楽天スーパーセール始まりますね!

 

今回のスーパーセールで買おうといろいろ購入をガマンしてきたので、
しゃかりき参戦しようと思ってます!
次回記事はおそらく購入記録となります♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑たくさんの家づくりブログが見られます!