1ヶ月ほど前、買い替えにより
我が家にやってきたNew洗濯機。

 201706_洗濯機new_2

Panasonicのドラム式洗濯機、NA-VX8700です。
洗濯機、寿命を迎えるの巻。そしてNew洗濯機は・・・♪

 

↑の記事にも書きましたが、
我が家の洗面室の狭小さコンパクトさゆえ
洗濯機置き場のスペースもギリギリで、
機能性と言うよりはサイズ感で選んだ洗濯機です。
ギリギリ搬入&設置可能でした。しかしデカイ・・・。

 201706_洗濯機new_1

そのため、機能面ではそーんなに期待していなかったのですが。

予想に反して、めちゃくちゃ
快適&家事ラクになりました!

何がいいって・・・。

9年前の洗濯機と比べて・・・。

乾燥機能が各段に進化していることです。

家電量販店に洗濯機を買いに行ったとき、
洗浄機能重視ならPanasonic、
乾燥機能重視なら日立ダネ。

と複数のお店で言われました。

そう、Panasonicの洗濯機は、
どちらかというと洗浄力推しなんですが。
「泡洗浄で繊維の奥までキレイ」ってやつですね。

でも、洗浄力の進化って実感として
正直良く分かんなくないですか??
私だけ?

以前の洗濯機もいろいろ問題はあったものの
洗浄力については不満なかったこともあり、
新しい洗濯機になったことで
洗浄機能が劇的にUPしたのかどうか?は
実は良く分からないです・・・。
見えないレベルで汚れ落ちが全然違うのかもですが。

が、乾燥機能はやっぱり進化が劇的に分かりやすいです。

9年モノの洗濯機と何が違うかと言うと。

・乾燥時間がものすごく短くなった!

・乾燥後の洗濯物がシワシワにならない!

という2点。 ←え?超フツー!?

おそらくコレ、Panasonicの洗濯機じゃなくても、
最近のヒートポンプ式乾燥の洗濯機なら
どれもそうではないかと思うんですけど、
やっぱり一昔前のヒーター式乾燥とはぜーんぜん違います。
というかヒートポンプ式とヒーター式の違いなのか、
仕上がりの機能が進化しているからなのか分かりませんけど。


何度か書いていますが、
わが家のデイリーの洗濯事情は。

①夜、朝5時頃洗濯が終わるようにタイマーをセットする。

②朝、仕上がった洗濯物を乾燥するものと干すものに仕分ける。

③乾燥する洗濯物は洗濯機に戻してフル乾燥。
 干すものはハンガーで干して部屋干し。
 (この後は別の家事や朝食、身支度タイム)

④大抵は出勤直前(7時半前くらい)に乾燥が終わるので、
 乾いた洗濯物をたたんで片付ける。

⑤夕方帰ってきたら、部屋干ししていた洗濯物をたたんで片付ける。


ってな感じです。
洗濯についてはこちらの記事でいろいろ書いてます。
洗濯物、干すときのひと手間で取り込み作業をスムーズに!


乾燥する洗濯物というのは、
主にタオルやパジャマですね。
・タオル
 →ドラム式では乾燥しないとゴワゴワなので乾燥マスト。
・パジャマ
 →フル乾燥によりシワシワになっても劣化してもあまり気にしない。


それ以外の洗濯物(衣類、下着、ハンカチなど)
乾燥による傷みやシワが気になるので、
干して乾かすようにしてきました。

数年前までは乾燥するもの・干すものを分けず
何でもかんでもフル乾燥してましたが、
やっぱりそれだと衣類の劣化が早いし、
素材によってはクシュクシュに丸まってしまうし、
かと言って乾燥しないものは別途洗濯とすると
かえって手間が増えてメンドくさくて・・・。

結局、基本的に1日1回だけ洗濯を回して
洗濯が終わった段階で仕分けるというのが、
私的には一番楽で今の状態に落ち着いています。
あ、私の下着や衣類だけは週2回程別で洗濯してます。
一応おしゃれ着洗い的なコースで・・・。
おしゃれ着でもなんでもないのにね。

で、以前の洗濯機。

朝のタオル・パジャマのフル乾燥に、
大体2時間程度かかっていました。
朝5時半くらいから乾燥を回し始めて、
出かける7時半前ギリギリに終わるという感じ。
寝坊して乾燥開始が少し遅くなったり、
乾燥する洗濯物の量が少し多かったりすると、
出かけるまでに乾燥が終わらず
やむなく夕方帰ってから片付けということもありました。
夕方は戦争さながらなのでこれが結構めんどくさかった。

が、New洗濯機。

乾燥する洗濯物の量は変わっていないのに、
1時間ちょい程度で乾燥が終わります。

はやーい♪♪♪ ←え?普通?

なので、乾燥開始時間が多少前後しても
確実に出勤前には乾燥が終わる!

そのため家事のペースを乱されることがなく、
朝も夕方も毎日同じように家事を進めることができるのです。
ちょっとしたことだけどこれは大きい♪

そして、乾燥が終わった洗濯物たち。

以前の洗濯機の乾燥では、
布物(ハンカチとか)や織物(靴下とか)
間違って乾燥かけちゃうと、
もれなくクシュクシュ、シワシワの状態でした。
いかにも、
熱をかけて乾かしてござい~!!
ってな感じでアッツアツに丸めた仕上がり。
それもあって乾燥行きにはできない洗濯物も多かったのです。

でも、New洗濯機の乾燥では、
乾燥が終わった後もそこまで熱々ではなく
ほんのり温かいくらいの仕上がりで、
布物や織物でもクシャクシャっと
丸まっちゃっていることがありません。
もちろん干した後ほどピシッとはしませんが、
あ、これくらいだったらフル乾燥でも全然行けるかも?
っていうくらいには許せる仕上がりです。

ちなみに一番シワシワになりやすいもので、
乾燥直後はこんな状態です。

 201706_洗濯機new_5

長男が学校で使う給食用ナプキン。

・・・え?

シワシワじゃん。

とな??

そうですねぇ。
こうして見ると、許容できない人には
許容できないシワ具合かもしれませんね。
でも私的にはこの程度なら全然アリ!!
たたんでしまうときにポンポンと叩いときゃ、
使うときにはシワも伸びてるでしょ。と思ってます。

というわけで、結果として何が変わったかと言いますと。

洗濯が終わって、洗濯物を仕分ける際に、
<乾燥する>に仕分けるものが増え、
<干す>に仕分けるものが減った!

ということですね。
つまり<干すもの>が減り
そしてそれはすなわち、
<取り込むもの>が減ったということでもあります。
しかも、このたび乾燥行きに変更になったのは、
靴下やハンカチ、子供の下着等の細々したもので、
干すのも取り込むのも結構めんどくさかったものたち。
これらの干す&取り込む作業がなくなったことで、
洗濯にまつわる作業量が激減したわけです。

あとに残った干す洗濯物は、
ほぼハンギングのまましまう衣類なので、
取り込みの作業はハンガーごとクローゼットに戻すだけ。

らくちーん♪♪♪
いつもは帰ってきてソッコー取り込んでたのに、
らくちんすぎるがゆえに、今は洗濯物片付けは
最も優先度の低い後回し家事になっちゃったよ。テヘペロ。


見た目はメカメカしくて・・・。

 201706_洗濯機new_6

扉を開けるとますますメカニカル。

 201706_洗濯機new_7

操作パネル部分もいかにもメカっぽい。

ビジュアル的には満足!
とは言い難いNew洗濯機ですけど。

でも、やっぱり新しい家電の進化はスゴイ!
おかげでとっても家事ラクになった最近のやっこ家でありました♪
でも別にこの洗濯機じゃなくても最新なら同じだったかもね!

写真もあまりなく、文章ばかりダラダラと長い記事で失礼しました。

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


人気ブログランキングへ

いつもあたたかなクリックをありがとうございます。