お年玉年賀はがきの当選発表から既に2週間近くも経ち、
若干機を逸した感が否めないものの・・・、
我が家の年賀状の保管方法(の変遷)についてです。

にほんブログ村テーマ 年賀状♪へ
年賀状♪

ちなみにお年玉は切手シート1枚しか当たらなかったぞ!!
ほんとに一等とかってあるんですかね。涙。


結婚してしばらくの間、年賀状は1枚ずつハガキホルダーに入れて保管していました。
無印のポリプロピレンフォト・ハガキホルダーを使ってました。これ↓かな?
 
特に保管期限を区切ることもなく
毎年律儀にホルダーに収めて、
入り切らなくなればまたホルダーを買い足して・・・。
という感じできちっと保管すること数年。

その後。

世の中には空前絶後の断捨離ブームが到来。
いや、その前からブームでしたけど、
遅まきながら私のところにもその波が到達したということですね。
(何事も流れに乗るのが遅い私・・・)

その流れに乗るかのように、
年賀状は1年分だけ保管しておけばいいか!!
と2年以上前の年賀状をえいやっと処分。
新年に年賀状を受け取ったら前年分は処分する。
という運用に変更しました。

このタイミングで、処分時にいちいちホルダーから年賀状を抜くのが面倒なので、
ホルダーはやめて単に輪ゴムで束ねておく。
という方法に合わせて変更。

これで2年程やってみたんですけど。

私、数年前の年賀状も見返したい派だということに気付きまして。

「あー処分しなきゃ良かった」と思うことがちょいちょいありました。

毎年家族写真でその変遷が楽しかったり、
センスが良いオッサレ~なレイアウトだったり、
コメントがウィットに富んでいて面白かったり。
という年賀状は、新しい年賀状を受け取ると、
以前の分と見比べたくて楽しみたくなるのです。

なので、一律1年で処分してしまうというのも私の性に合わない・・・。

というわけで、若干の試行錯誤を経て、現在はこうなりました。
前置きが長くてスミマセン。

ダイソーのハガキ保存用ケースを2つ使って。

 201801_年賀状1

1つは新しく受け取った年賀状全てを1年間保存しておく用。
もう1つは1年経っても取っておきたい年賀状を保存しておく用。

 201801_年賀状2

最新の年賀状は、とりあえず取捨選択せず全てケースに入れておきます。
喪中ハガキなども一緒に入れています。

 201801_年賀状3

1年経ったら、↑の中からまた見返したいだろうな~と思うものだけピックアップして、
取っておく用のケースに移動。(残りは処分)

 201801_年賀状4

年ごとに輪ゴムで束ね、上にポンポンと重ねていってます。

この処分せず取っておく年賀状は1年で10枚前後ってところかな~。
特に「こういうものは取っておく!」という明確なポリシーはなく、
パラパラと眺めながらフィーリングでピックアップしています。

100枚入るケースなので、10年近くはこのケース1つで行けると目論んでます。
このケースがいっぱいになったら、
買い足すのか古いものを処分するのか、
それはまたそのときに考える予定であります。
ノープランとも言います。

余談ですが↑の写真で一番上にある年賀状の鶏の絵は私の伯父が描いたものでして、
この年賀状をいただいた数週間後に伯父は他界しました。
伯父からの年賀状、例年は特に意識せず処分していたんですけど、
遺作となったので処分できず・・・これは永久保存になると思います。


という感じで、

・年賀状を何年分も取っておくのは場所を取るので適宜処分はしていきたい。

・かと言って、一律に保管期限のルールを定めて処分するには惜しい年賀状もある。


という思いから、

・基本的には1年分のみ保管

・見返したいものだけは別に永久保管


というゆるーいルールで今のところ落ち着いています。

 201801_年賀状5


これであれば場所も取らないし、
「見返したい」気持ちも満たされるので、
保管期限を臨機応変に変えるこのやり方が
私には合っているみたいです。
ちなみに夫はノーこだわりで「全部処分して」って感じなので、
私のやりたいようにやらせてもらってます。


そんな我が家の年賀状保管についてでした!
何の参考にもならない内容で失礼しました。いつもです。

*************************

▼インスタ始めました♪ →iemonokoto



*************************

▼ランキング参加しています。
 応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

*************************

▼どうしてる?から始まる暮らしのブログメディア。