今年は停電や断水といったライフラインが
止まってしまう災害が多かったので、
そういった際に我が家の設備で対応できることを
改めて調べてまとめてみました。

我が家特有の内容なので
他の方にはあまり役立たない情報だとは思いますが、
覚え書きとしての記事となります( ;∀;)

まず停電時。

我が家は、太陽光発電&蓄電池を導入していますので。

天気が良くて発電量が多い日は、
日中に家で消費する電力は全て太陽光発電で賄っております。
なので、災害などで停電が発生した場合も、
天気さえ良ければ昼間は電気が使える!
というのはひとつの安心感ではあります。
導入当時は売電による収入のことしか考えてませんでしたが、
よく考えたら太陽光パネルを設置するメリットって
こういう災害時に生かせるってのが大きいわけですね。
当たり前じゃな。

で、通常時は日中の太陽光発電の余剰分は
(家で使って余った分の電力ですね)
電力会社に売って収益としているのですが。

一方で、蓄電池も導入しているので、
この普段は売っている日中の余剰分電力を蓄電池に蓄えるようにすれば、
停電時の夜でも多少電気が使えるわけです。

これって当たり前なんですけど、
実際停電が発生した時に
・どうすれば太陽光発電分を蓄電池に蓄えるように切り替えられるの?
・勝手にシステム側でやってくれるの?
ってことをイマイチ把握していなかったので、
ちゃんと調べてみました。

蓄電池の取扱説明書を見ると。

 201810_停電時操作1

停電時に「特別な操作は必要なし」と書いてあります。
蓄電池側は勝手に良きように
切り替えてくれるみたいですが、
太陽光発電を自立運転に切り替えてください。
という記載があります。

フムフム。「自立運転」ね。

ってことで、次は太陽光の取扱説明書で、
自立運転への切り替え方を確認。

 201810_停電時操作2

太陽光発電のコントローラーの右側に。

 201810_停電時操作3

「連系/自立」ボタンがあって。
画像が小さくて見にくいですね。

これをポチッとすると、画面が切り替わるので。

 201810_停電時操作4

「自立」という表示の下のボタン(右から2番目)を押せば良いみたいです。

カンタン!!!

・・・ですけど、把握してるかどうかで、
いざというときの気の持ちようが違いますよね。
確認しておいて良かったです。

次に断水時。

我が家では給湯設備としてエコキュートを利用しています。

 201810_断水時操作1


エコキュートのメリットのひとつが、
断水時にタンクの水を生活用水として使えることですよね。

飲料用水はそれなりに備蓄していますが、
生活用水の備蓄って難しいので・・・。
いざというとき使える水がここにあるのは大きいです。

が、実際のところどうやって取水するのか
把握していなかったのですが。

エコキュートの下部前面に。

 201810_断水時操作2

取水方法が貼り付けてありました。

 201810_断水時操作3

もちろん取扱説明書にも記載ありましたが、
ここにあると確認しながらできて良いですね。

これ、実際に手順を試してみたので
画像で載せようかなと思ったのですが、
取水のためにカバー外したら
ワールドワイドへの発信は憚られる汚れっぷりだったので自粛(;'∀')
砂や落ち葉がすごかった・・・。これを機に掃除しました。

こちらも手順としては簡単とは言え、
やっぱり把握していると気持ち的にも安心です(*‘∀‘)

ということで、
家の設備で非常時にアレコレできるはずだけど、
イマイチ何ができてどうやるのか分からんな~。
状態だったのが、少しスッキリしました。

時々再確認&家族の中でも共有して、
備えておきたいと思います。

以上!
個人的覚え書きで失礼しました。

では♪♪♪

▼LINEで更新通知をお送りできます。
 ご登録いただけると嬉しいです(*'▽')





*************************

▼インスタ始めました♪ →iemonokoto



*************************

▼ランキング参加しています。
 応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

*************************

▼どうしてる?から始まる暮らしのブログメディア。