我が家の子供部屋のベッド選び。

にほんブログ村テーマ 子供のための家具・雑貨

↑どうでもいいけど、「トラコミュ」から「にほんブログ村テーマ」に変わったんですね。

ここまでの経緯はコチラ。
子供部屋、ベッド選びの紆余曲折。条件と最有力候補の行方・・・。
子供部屋、ベッド選び。間取りと配置決め、そして次の候補は無印。
子供部屋、二段ベッドの候補アレコレ(迷走中)

若干の紆余曲折がありましたけれども、
対象を二段ベッドに絞りこんでからは、
毎日のように二段ベッドの情報を求めて、
ネットの世界を徘徊していたやっこであります。

で、途中からウォールナットの二段ベッドは諦め、
「ホワイトの二段ベッド」
に照準を当てたリサーチに切り替えたのですが、
その中で、Sievaというフィンランドの家具メーカーの
二段ベッドの情報にちょいちょい遭遇するようになりました。

 FHETH by Sieva

これはSievaと共同開発したというピエニコティのFHETHというベッドです。
ピエニコティのHPの商品ページより画像お借りしています。


このSievaの二段ベッド自体は、
そんなに「好み!!」という感じでもないのですが、
気になったのは、いくつかのブログ記事で、
Sievaの購入先として紹介されていたお店。

上で画像をお借りしたピエニコティではなくて・・・。

横浜にあるAngel’s Share(エンジェルシェア)というお店です。
北欧・ドイツの白い子供家具 Angel's Share

ベッドや学習机を中心に、
ドイツやデンマーク製の子供家具を
専門に取り扱っているお店だそうです。

お店のHPを見ると、
「これは子供にとってはたまらないだろうな~」
という楽しげな子供家具が、
これでもか~!!と多数掲載されています。
このお店を知るきっかけになったSievaは、
お店のHPを見る限りもう取扱いがなさそうでしたが、
私が気になったのはこちらの二段ベッド。

 Manis-h

Manis-h(マニッシュ)という
デンマークの子供家具メーカーの二段ベッド。
Manis-hの商品ページより画像をお借りしています。

ザ・シンプル!
なスッキリデザインで
直線的でカクカクしているフレームと、
そして、木目の見えるようなナチュラルな白ではなく、
真っ白!なところが私的に非常にツボでした。
というかこのベッドを見て気付いたんですが、
今まで他のホワイトの二段ベッドを見ても
イマイチピンと来なかったのは、
「ホワイト」と言っても木目の見えるホワイトで、
ナチュラルテイストのものが多かったからなんですね。

ここまで有力候補だったヴィゴラスのホワイトウォッシュも、
木目感が残るホワイトでナチュラルテイスト寄りでした。


 

でもManis-hのような真っ白に塗装されたものであれば、
ベッドリネンによってモダンでもナチュラルでもポップでも、
部屋のインテリアに合わせられるのがいいなと思いました。

エンジェルシェアで取り扱っているベッドは、
とても手が出ない値段のものがほとんどですが、
このManis-hはその中では比較的リーズナブル。

そして何より、実物を見て決めたかった私にとって、
実店舗に展示がしてある!
というのが非常に大きなポイントでした。
※オンラインショップでの購入も可能です。

というわけで、
もうネットで買えるやつでいいじゃん・・・。
と渋る夫を半ば無理やり駆り立て、
県境をいくつも越えて行ってきましたよ~♪

実店舗は、こんなにたくさんの子供向けのベッドは、
今まで見たこともない!!ってくらい、
所狭しといろんなベッドが並べられていました。
二段ベッドの生の情報に飢えていた私にとっては、
あーやっとここまでたどり着いた-!!と感慨深い思い。

こんなすべり台が付けられるミドルベッドとか。

 エンジェルシェア1

ボルダリングやらバスケットゴールやら、
楽しげなオプションが選べちゃう二段ベッドとか。
見にくいですがターザンロープも付いてます。

 エンジェルシェア2

黒板も付けられちゃったりして♪

 エンジェルシェア3

そのほかにもいろんなベッドがあり、
全部で10台前後のベッドがあったかな?

子供にとっては心ときめきすぎる遊び場で、
私たちがベッドを見ている間、
ずーっとあちこちのベッドを渡り歩いて遊び回っていました。
それを許容してくれる・・・というより、むしろぜひ思う存分遊んでください!!
というお店の雰囲気がまたステキでした。


お目当てのManis-hは、この中では異色なくらいシンプルなベッド。

 エンジェルシェア4

でも見た目はやっぱりすごく好みで、
作りもとってもしっかりしていて頑丈そう。
大人が上段に上ってゴロゴロ寝ても頼りなさは全くなしでした。

それと、床板がすのこではなくウッドスプリングなので、
寝心地がとても良いんですよね。
ウッドスプリングだと体圧を分散してくれるのと、
すのこと違ってマットレスがべたっと密着しないので、
カビにくいというメリットもあるそうです。
ちなみに我が家の大人用ベッドはすのこですよ・・・。

今までネットでリサーチしていた二段ベッドは全て、
価格の高い低いに関わらず床板はすのこでしたので、
二段ベッドでウッドスプリングって珍しいですよね。
ヨーロッパでは一般的だったりするんですかね?

そして、このManis-hが画期的というか、
超合理的だなと思ったのは、
この組み換えのパターンの自由度。

 manis-h_2

Manis-hの商品ページより画像お借りしています。

二段ベッドとして購入して、
後々シングル2台に分割できるのは当たり前ですが、
シングルベッドとして購入した後で、
もう1台買い足して二段ベッドにできたりするのです。
ロフトベッドやミドルベッドへの組み換えも可能。

このシングルベッド⇒二段ベッドへの組み換えができるのって、
日本で一般的に売られているベッドでは、
見たことがないですよね。私が知らないだけ?
まず「二段ベッド」がスタート地点で、
将来の選択肢として「シングル2台」が可能。
というのが一般的な流れですが、
「シングル1台」がスタート地点で、
そこから兄弟構成の変化などに合わせて、
「二段ベッド」という選択肢を選ぶことができる。
って、超合理的だな!!
とちょっと感動しました。
これもひょっとしてヨーロッパでは普通なんですかね?


今回我が家は「二段ベッド」がスタート地点ですが、
もっとこのベッドの存在を早く知っていたら、
シングル1台からのスタートもありだったなと思いました。

で、こういう説明を聞いていたら、
私よりも夫(←合理主義者)の方がこのManis-hに惚れ込んでしまい、
よし!これを買おう!!
とその場で即決、Manis-hをお買い上げとなりました~。

ということで、我が家の二段ベッドは、
Manis-hで決定です!

あんなにいろいろ悩んでいたのはなんだったんだ・・・。
というくらいあっさり決まってしまいましたが、
でもいろいろ迷走した調べた上でたどり着いた結論なので、
非常に納得感、満足感の高い買い物となりました。
まぁ子供たち的には、シンプルなManis-hではなく、
楽しげなオプションがいっぱいあるベッドが良かったようですが、
そちらは庶民にはちょっと高すぎるのでね・・・。
あと、Manis-h以外の二段ベッドは完全受注生産で、
その後船便で日本にやってくるので納期数ヶ月だそうな。
(Manis-hは日程さえ合えば1~2週間で納品となります)

そして夫は、最初お店に行くことも渋っていたくせに、
お店を出るときには、
こういう店がもっとあったらいいのにね。
ゼッタイ需要はあると思うんだけどな~。

などとブツブツ言っており、
してやったりと思った私なのでした。

てなわけで、長いようで短かった、
そして短いようで長かった(え?どっち?)
子供部屋のベッド選びもゴールにたどり着きました。
納品されたらまた記事にしたいと思います!
え?いらない?

まずは子供部屋を片付けないと~!!

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。