前記事で。
自動連携の家計簿アプリで家計管理が劇的に楽になった話

銀行口座やカードと自動連携する家計簿で、
家計管理が劇的に時短化した!
ということを書きましたが。

上の記事でも書いたように、
私が使っている家計簿アプリは
マネーフォワードというサービスです。



家計簿アプリっていっぱいあるのですが、
その中でマネーフォワードを選んだ理由について、
簡単に書いておこうと思います。
別に誰も興味ないかもしれませんが、
私が家計簿を選ぶ際にいろんな方のブログが参考になったので、
この記事も誰かの一助になればいいかなと思いまして・・・。


にほんブログ村テーマ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇

自動連携の家計簿と言えば、私調べでは、
マネーフォワード
Zaim

の2つがツートップらしく、当然のごとく、
この2つともを当初は候補として検討しました。

ですが、Zaimは。

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ
家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ
開発元:Zaim Inc.
無料
posted with アプリーチ

夫のメインバンク(超マイナーな銀行です)
自動連携対象外だったことと、
定期預金の残高が自動取得できないことがネックで、
早々に候補からは外れました。

一方マネーフォワードは機能は十分なのですが、
自動連携対象の口座やカードが10を超えると
有料プランへの切り替えが必要なんですね・・・。
我が家は夫と私の口座・カードを合わせると余裕で10を超えます。
その額、月に500円!!
単月で見ると大したことないですが、
1年で6,000円、10年で6万円。
どんだけ高級家計簿なの!?って感じの金額です。
家計を管理するためにコストをかけるってちょっと違くない?
と思って、いったんは別のサービスを探してみることに。

で、いろんな方のブログを参考にしたりして、
使ってみたのがマネーツリーというサービス。

家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できるアプリ
家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できるアプリ
開発元:Moneytree
無料
posted with アプリーチ

マネーツリーはマネーフォワードと比べると
機能もインターフェースも超シンプルですが、
無料版でも口座やカードの登録数無制限&データ永久保存。
マネーフォワードは無料版だとデータは1年しか保存されません。

これまで使っていた家計簿ソフトと同様に、
単純に収入・支出を記録していくだけならば
マネーツリーでも十分かな?という思いもあって、
しばらくマネーツリーとマネーフォワードを
並行して使ってみることにしたのです。

で、2週間ほど使ってみて。

有料であってもマネーフォワードを使おう。

という結論になりました。

その主な決め手は、マネーフォワードの以下3つの機能でした。

・支出内訳のグラフ表示があること。

支出を集計して表示してくれるこんな円グラフですね。

 201701_家計簿_マネーフォワード_4

マネーフォワードは↑のような
グラフィカルな表示がありますが、
マネーツリーでは合計額の表示のみ。
当初はグラフなんてあってもなくてもと思いましたが、
やっぱり視覚化されたグラフがあった方が
支出の内訳が感覚的に分かりやすくて。
好みの問題もありますけどね。

・集計期間を自由に設定できること。

マネーフォワードでは集計期間、
すなわち1ヶ月の始まりの日を自由に設定できます。
ちっこくて見にくい画像でスミマセン。

 201701_家計簿_マネーフォワード_6

我が家は管理上1ヶ月の集計期間を
給料日(25日)~翌月の給料日前日としているので、
1ヶ月は25日開始という設定が望ましいのです。

が、マネーツリーでは1ヶ月はあくまで暦上の月で、
1日~月末日という区切りでしか管理できません。
これがちょっとネックでした。
別に1ヶ月の始まりなんて管理上の問題だけなのですが、
民間企業だと大抵給料日って月の後半ですよね?
1ヶ月始まって、月の後半の給料日までの間、
支出だけがどんどん積みあがって赤字状態が続くのって、
気分的になんかアレじゃないですか??
気持ちの問題ですが、収入があった日を1ヶ月のスタート地点にしたいのです。

ちなみにマネーフォワードでは、
1ヶ月の始まりに設定した日付が休日の場合、
前倒しか後ろ倒しにするなんて設定もできたりします。
給料日も土日であれば前倒しになったりしますので、
この補正がデフォルトでできるのが意外と便利!

・振替の明細同士の関連付けができること。


「振替」は登録している口座間のお金の移動ですね。

たとえば夫のA銀行から私のB銀行に10万円振り込んだ場合、
A銀行の10万円出金とB銀行の10万円入金は
自分たちの資産の中でお金が移動しているだけなので、
家計全体として支出や収入にはカウントしないものとなります。

こういった資産の中でのお金の移動を、
家計簿上は「振替」として設定するのですが、
(これはマネーフォワードに限らずどの家計簿でも同様のようです)
このA銀行とB銀行の入出金がセットの取引だよ。
という関連付けがマネーフォワードではできて、
なおかつ金額や日付からある程度自動判定してくれるのですが。

 201701_家計簿_マネーフォワード_7

マネーツリーではこの関連付けができないんですね。
個々の明細を「振替」というカテゴリに分けるだけで、
入出金同士を関連付けすることができません。

別にこれも管理上の問題でしかないですが、
大きなお金の移動があったときに、
それをちゃんと関連付けして管理できない状態が、
私的にはちょっとモヤっとポイントでした。

以上、大きな理由としては上の3つです!

あとは細かいことを言うと、
マネーツリーのWeb版をスマホで操作すると
動きがモッサリしてるのがイライラだったり、
デフォルトのカテゴリ分けがマネーフォワードの方が
感覚的にしっくり来るものだったり、
という点もあったりします。

総じて・・・マネーツリーを使っていて
「あーここが不便だな」と思う点(私にとってね)が、
大抵の場合マネーフォワードではクリアされていて、
マネーフォワードを使っている方が
圧倒的にストレスが少なかったというのが大きいですね。

ただ、家計簿に求める機能も人それぞれですし、
視覚的な部分や操作性の好みもあったりするので、
マネーツリーよりマネーフォワードの方が優れている!
というわけでは決してないです。
が、私にとっては、たとえ有料であったとしても
マネーフォワードの方がノーストレスで使える家計簿だな。
という結論に至ったわけです。
逆に言えば、同等の機能が満たされていて、
なおかつ無料の家計簿があるならば、
乗り換えるのはアリだと思っています。
もしオススメあれば教えてください~!!


そんなこんなで、家計管理のためだけに、
あと私の時短化とストレス削減のために、
月500円のコストをかけて
マネーフォワードを利用することになった我が家。



これでしばらく家計を管理してみて、
節約できるか検証していこうと思います!

にほんブログ村テーマ 節約ライフへ
節約ライフ

にほんブログ村テーマ 節約にチャレンジ!へ
節約にチャレンジ!

書いていて気付きましたが、今日は給料日だった!
せっかくなので、今月は節約月間にしてみたいと思います♪

ランキング参加しています。
応援クリックいただけますと、更新の励みになります♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ


人気ブログランキングへ

いつもあたたかなクリックをありがとうございます。